犬の感染症 原因と治療法~犬の健康と病気.com

犬の感染症 原因と治療法

犬の健康と病気

犬の感染症 原因と治療法

犬の感染症として知られているジステンパーウィルスなどは感染している犬が使用した食器を違う犬が共有したり、寝床やブラシなどにほかの犬が接触することでもうつります。


このような感染経路でうつる感染を間接感染といい、意外と飼い主の気が付かないところで感染していることが多い感染経路なのです。

そのほかにもウィルスの感染経路は多種多様で、感染した犬が排泄した便や尿、嘔吐物などを他の犬がにおいを嗅ぐときに鼻や口から病原菌が体内に侵入します。パルボウイルスやコロナウイルスなどがこの感染経路をとることが多いようです。

犬同士がじゃれあったり、あいさつのために鼻や口に直接触れたり、なめたりした時やあるいは喧嘩をしてかまれたりかんだりしたときに病原菌がうつることがあります。

このような状況を考えると犬の感染症を予防するためには一切、ほかの犬とのスキンシップを取ることはできなくなってしまいますし、散歩すらかなり気をつかわなければならなくなってしまいます。

確かに感染症は怖いですが過剰な対応は犬のストレスにもなり、感染症以外の問題を引き起こしかねませんのでやはり感染症予防には予防接種などが必要不可欠なのでしょう。

それでは感染症にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

ジステンパーの原因と症状

ジステンパーに感染した犬のくしゃみを吸い込んだり、感染した犬に直接または間接的に触れることで鼻や口からジステンパーウィルスが体内に侵入します。

このウィルスは全身に広がり様々な臓器を侵し、時には脳まで影響を受けることがあります。

感染した初期症状は発熱や食欲不振程度ですが抵抗力の弱い犬は二次感染を引き起こし、発熱や食欲不振などがひどくなり、長期的に元気がなくなってしまいます。

また、消化器が侵されると嘔吐や下痢、呼吸器が侵されるとくしゃみや鼻水などウィルスがどのように広がっていくかによって現れる症状が変わってきます。

さらに状況が悪化すると脳までウィルスに侵されることもあり、やたらに興奮したり、てんかんのような発作を起こすこともあります。

ジステンパーの治療はサルファ剤、抗生物質などで細菌の二次感染を防ぎます。

ケンネルコフの原因と症状

ケンネルコフはイヌ伝染性喉頭気管炎とも呼ばれる咳が特徴的な感染症です。

パラインフルエンザウィルスやアデノウィルス、微生物や細菌に感染した犬の咳やくしゃみの飛沫から感染します。

ケンネルコフの特徴は短く乾いたような咳を繰り返すしことです。興奮したり、運動したり、気温の変化があったときなど特にひどくなる傾向にあります。

発作的に咳をすることがあるので喉に異物でも詰まったのかと勘違いをすることもあるようです。

普通は微熱程度で比較的元気ですが抵抗力が弱いと重症化し、高熱や膿のような鼻水、食欲不振などの症状が現れることがあります。

ケンネルコフは細菌が原因なら抗生物質の噴霧薬で治療できます。

パルボウイルスの原因と症状

感染した犬の便や尿、嘔吐物などに触れることで感染します。このウィルスが腸に棲みつくと激しい腸炎を引き起こします。

特に発症しやすいのは生後10~12週の子犬です。生後3~9週の子犬の場合、心筋にウィルスが棲みつくことが多くなります。

腸炎型では激しい嘔吐と下痢を引き起こし、重症になると便に血液も混じり、ひどい悪臭がします。脱水症状を起こし、ショック状態になることもあります。

心筋型は突然症状が現れるのが特徴で悲鳴をあげたり、吐いたりします。多くの場合、30分以内に呼吸困難で死亡します。

コロナウィルス性腸炎の原因と症状

感染した犬の便や嘔吐物などからイヌコロナウィルスが体内に入ると小腸で増殖して腸炎を起こします。

パルボウイルスと一緒に感染することが多く、この場合は重症化しやすいために死亡する危険性が高くなります。

症状としては元気がなくなり、食欲不振、下痢、嘔吐などが見られます。下痢は軟便から水様便へと悪化していき、やがて血液が混じるようになります。

これらの症状は急激に現れるのが特徴で特に幼犬では症状が重くなることが多く、下痢と嘔吐のために脱水症状を起こして急速に衰弱していきます。

この症状には効果的な薬がないために安静と保温を心がけ、体力の回復を待ちます。

感染症の多くは感染してしまってからでは治療が難しいために予防接種をしっかりおこない感染させないことを心がけましょう。

前の記事>>犬の鼻の病気 原因と治療法


関連記事

犬の皮膚病 原因と治療法

犬の皮膚病にも原因や症状によって様々な病名がありますが特に発症数が多いとされるものについて原因や症状につい>>続きを読む


犬の耳の病気 原因と治療法

犬が外耳炎を発症する原因のほとんどは耳に溜まった耳垢です。耳垢は外耳道にある分泌腺からの分泌物や皮膚の垢、>>続きを読む


犬の目の病気 原因と治療法

黒目を覆う角膜やまぶたの裏側にある結膜は外界と接触しているために異物などが付着しやすいものですが、その異物>>続きを読む


犬の口内の病気 原因と治療法

犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


犬の鼻の病気 原因と治療法

鼻の粘膜に炎症が起こる原因としてまず、細菌やウィルスの感染が挙げられますが、いわゆる鼻かぜが一番わかりやす>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ