犬の口内の病気 原因と治療法~犬の健康と病気.com

犬の口内の病気 原因と治療法

犬の健康と病気

犬の口内の病気 原因と治療法

犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引きちぎったりするほか、ときには敵から身を守るための武器にもなるため非常に頑丈にできており、人間の歯が32本であるのに対して犬の歯は42本で、牙と呼ばれる犬歯は獲物や敵を突き刺します。


人間の臼歯は食べ物をすりつぶす役目をしていますが、食べ物を丸のみする犬では、臼歯の上部がのこぎり状の鋭い形をしており、はさみのようにかみ切って肉を切り裂きます。

このように人とは構造の違う犬の歯でも口内で起こる病気は人間と同じように様々なものがありますので順番に見ていきましょう。

口内炎の原因と治療

口内炎は口の中の粘膜が炎症を起こしている状態を示した病状で原因や症状にも様々なものがあります。

犬はいろいろなものを口に入れるので尖った異物などで口内の粘膜を傷つけることがあり、それが原因で口内炎になることもあります。

そのほか、糖尿病やビタミン不足、感染症、肝臓病などが原因になることもあるので注意が必要です。口の中のトラブルでよく聞かれる歯肉炎や歯周病も、口内炎の大きな原因になります。

口内炎は患部に発疹ができたり、腫れたり、ただれたり、薄い膜が表面についた潰瘍ができることもあります。また、症状により大量のよだれがでたり、口臭が強くなることもあります。

口内炎は原因によって治療法が異なり、細菌感染している場合は抗生物質で炎症を抑える、歯周病が原因ならその治療をおこなうなどそれぞれの原因に応じて治療します。

口内炎は日頃から口内の清潔を保っておくことが予防につながります。

歯周病の原因と治療

専門的には歯肉と呼ばれる歯ぐきに、炎症が起こる病気が歯肉炎です。

この炎症が歯根膜やセメント質などの歯周組織に広がると歯周炎と呼ばれ、歯周病は歯肉炎と歯周炎を合わせた病名です。

一般的に歯槽膿漏と呼ばれるのは歯周炎が進んで歯の周囲の組織に膿が溜まった状態をさします。

歯垢は食べ物の残りかすを食べて繁殖した細菌と唾液の成分が混じりあったもので歯と歯ぐきに沈着していくと歯垢中の細菌による毒素に刺激されて歯肉炎が起きます。

歯垢が石灰化して硬くなったものが歯石です。歯垢や歯石がたまっていくとやがて歯と歯ぐきの間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができ、ここが細菌の絶好の繁殖場所となります。

ますます炎症が進行し歯肉炎がさらに進んでいくと歯ぐきが縮んでしまいます。

一方、歯周組織にも炎症が広がり、やがては歯を支えている組織も傷つき、歯がぐらついたり、最後には歯が抜けてしまいます。

歯肉炎や歯周病が進むに連れてよだれが多くなったり、口臭が強くなるほか、歯が黄色や茶色に変色したり、歯ぐきが腫れる、出血するなどの症状で異常に気がつくこともあります。

歯がぐらついてくると食べにくいために食事に時間がかかったり、満足に食べられないこともあり、栄養不良で毛づやが悪くなったりもします。

犬は口と目の間が近いために悪化すると歯の根元の膿が目の下から出てくることもあります。

口の中をよく消毒し、歯石を取り除き、歯周ポケットにたまった歯石や膿も丁寧に除去します。

また、歯垢がたまりにくいように歯の表面を磨く、歯肉炎や歯周炎の初期ならこれだけで炎症は治まります。

歯がぐらついている時は固定する方法もありますが進行すると定期的な歯石除去で進行を防ぐしかありません。

進行すると治療が難しいだけに早期発見と予防が何より大切です。

歯ブラシで歯を磨いたり、定期的に歯石除去を行って歯と歯ぐきの健康を守りましょう。

歯石の予防はガーゼで丁寧に

今日の愛犬の食事事情を見ていると生肉とはあまり縁のない食事ですから、咀嚼をしない習慣と食べ物を噛み砕かない構造になっている犬の歯に歯石がついても無理のないことです。

一週間に2度くらいは飼い主の指先に薄くガーゼを巻いて水で濡らし、上下の歯を丁寧に綺麗にしてあげてください。

これで歯石の付着は予防できます。歯石が付着したのをほうっておくとやがて歯周病になって歯が全て抜け落ちてしまうといったことにもなりかねません。

近頃では犬用の歯ブラシが市販されていますのでそのようなものを利用するのもいいですね。

前の記事>>犬の目の病気 原因と治療法
次の記事>>犬の鼻の病気 原因と治療法


関連記事

犬の皮膚病 原因と治療法

犬の皮膚病にも原因や症状によって様々な病名がありますが特に発症数が多いとされるものについて原因や症状につい>>続きを読む


犬の耳の病気 原因と治療法

犬が外耳炎を発症する原因のほとんどは耳に溜まった耳垢です。耳垢は外耳道にある分泌腺からの分泌物や皮膚の垢、>>続きを読む


犬の目の病気 原因と治療法

黒目を覆う角膜やまぶたの裏側にある結膜は外界と接触しているために異物などが付着しやすいものですが、その異物>>続きを読む


犬の鼻の病気 原因と治療法

鼻の粘膜に炎症が起こる原因としてまず、細菌やウィルスの感染が挙げられますが、いわゆる鼻かぜが一番わかりやす>>続きを読む


犬の感染症 原因と治療法

犬の感染症として知られているジステンパーウィルスなどは感染している犬が使用した食器を違う犬が共有したり、寝>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ