犬の皮膚病 原因と治療法~犬の健康と病気.com

犬の皮膚病 原因と治療法

犬の健康と病気

犬の皮膚病 原因と治療法

犬の皮膚病にも原因や症状によって様々な病名がありますが特に発症数が多いとされるものについて原因や症状についてご紹介いたします。


アレルギー性皮膚炎

皮膚に赤いボツボツができたり、赤く腫れるのが特徴で強いかゆみがあるために犬はしきりにひっかりたり、舐めたり、噛んだりします。その結果、皮膚が傷つき表皮がはがれて潰瘍ができたり出血したりしてしまいます。

また症状によっては体液がにじみ出てきて患部がジュクジュクしたり、それが乾燥してフケ状のものが浮き出てきたりします。皮膚の状態の悪化に伴い患部より脱毛が始まるようになります。

アレルギー性皮膚炎の原因

人も同じですが動物には細菌やウイルスなどの外敵を体内に侵入させないようにする免疫システムが備わっています。

この免疫機能が埃やダニなど通常は反応しないものに対しても過剰に働いてしまう結果、体に害を及ぼしてしまうことがあります。

このような症状をアレルギーといい、その原因となる物質をアレルゲンといいます。

アレルギーが原因で皮膚に様々な異常が現れるアレルギー性皮膚炎のうち、アレルゲンを鼻や口から吸いこんでしまって起こるのがアトピー性皮膚炎です。

アレルゲンとなる物質は埃やカビ、花粉、動物のフン、ダニ類など多種多様です。

アレルギー性皮膚炎にはほかにアレルゲンに触れることで起こる接触性皮膚炎、食べ物が原因で起こる食物性アレルギー、ノミが原因のノミアレルギー性皮膚炎などがあります。

症状の現れる場所からある程度判断ができることもあり、アトピー性皮膚炎は特に足先やわきの下、お腹などに起きやすく、かゆみも強く現れます。

上記個所に現れた症状が病気の進行ともに全身に広がっていきます。

食物性アレルギーは耳や頭、口の周りなど多くは頭部を中心に症状が現れます。接触性アレルギーはその名のとおりアレルゲンと接触した場所に症状が現れるため、全身のどこでも症状が現れる可能性があります。

アレルギー性皮膚炎の予防と治療

アレルギー性皮膚炎は原因となる物質であるアレルゲンさえ取り除くことができれば症状はなくなります。

犬の生活環境や最近の食べ物の変化などからある程度原因物質は推測できるはずです。可能性のあるアレルゲンを与えてみて反応を見るなどで原因が限定できればできるだけその物質を生活の中から取り除いてあげましょう。

しかしアレルゲンを限定できないことも多く、また埃やダニなどが原因の場合にはそれらを完全に除去することは困難なはずです。

このような場合にはアレルギーを抑える薬やかゆみや炎症を鎮める薬を用いて治療します。

細菌性皮膚炎と真菌性皮膚炎

細菌性皮膚炎とは読んで字のごとく細菌が原因となるもので真菌性とはカビが原因となる皮膚炎です。

細菌が原因となる皮膚炎は膿皮症と呼ばれ非常に強い痒みを伴うのが特徴で、犬はその痒みにより患部を噛んだり、ひっかいたりしてやがて毛が抜けてしまいます。細菌が皮膚の奥深くまで侵入すると患部が膿んだり、発熱を伴ったりします。

ブルドッグなど、顔にしわのある犬種はしわの間や下唇などに起きやすいのでこまめにチェックする必要があります。

細菌性皮膚炎と真菌性皮膚炎の原因

この病気の原因となる細菌は特別なものではなく、私たちの周囲に常に存在している細菌が皮膚が傷ついたことをきっかけに皮膚内に入り込んで炎症を起こしてしまいます。ひっかき傷や刺し傷のほか、蚊などに刺されたあとに感染することもあります。

また、病気や老化などで皮膚の免疫力が低下して外敵の侵入から身を守る力が弱っているときも細菌が侵入しやすくなります。

カビが原因となる真菌性皮膚炎についてもカビには非常に多くの種類があり多種多様となりますが主に糸状菌と呼ばれるタイプのカビが原因となることが多いようです。

皮膚真菌症は感染している犬と触れ合った時にうつることがありますが、空気中に飛び散った胞子でも感染はします。

真菌性皮膚炎と細菌性皮膚炎の予防と治療

膿皮症は皮膚の表面だけに炎症が起きている場合、薬用シャンプーで治療できます。

皮膚の奥まで侵されているようなときは抗生物質の塗り薬や飲み薬で治療します。

散歩後によくブラッシングするなどで皮膚と被毛の清潔を保つことが予防になります。

皮膚真菌症は真菌に効果のある薬をお湯に入れ、その中に犬は浸す薬で治します。

ただ真菌をしっかり治療するのはそれなりに時間がかかりますので一か月くらいかけて根気よく行うことが必要となります。


寄生虫による皮膚炎

犬の皮膚に寄生するものにはノミ、ニキビダニ、イヌセンコウヒゼンダニ、イヌツメダニなどがあります。

これらの寄生虫に寄生されると皮膚に炎症が起こります。

ノミの場合、寄生による一時的な皮膚炎とアレルギーによって起こるケースがあります。

ノミにかまれたとき、その唾液に含まれるハプテンという物質が犬の体内に入り、アレルギーを起こします。

大量のノミが寄生した場合は吸血されて貧血を起こすこともあり、脱毛は腰の背中側やお腹、足の付け根などによく現れます。

イヌセンコウヒゼンダイによる皮膚炎はかいせんと呼ばれこのダニに感染している犬からうつります。

イヌセンコウヒゼンダニは皮膚にトンネル状の穴をあけて進んでいきますので犬は猛烈な痒みに襲われます。

かいせんは耳のふちや肘、かかとなどに発症しやすく、犬は非常にかゆがります。そのためにひっかき傷ができてかさぶたができたり、出血したりします。

ニキビダニもダニの一種で毛穴に寄生して繁殖していきます。

健康な犬にも寄生していますが免疫力の低い子犬などの場合、大量に繁殖して皮膚炎を起こすことがあり、この症状をニキビダニ症と呼びます。

ニキビダニの場合、初期にかゆみはありませんが進行すると脱毛し、ただれてくるとかゆみが強まります。

皮膚の表面に寄生するイヌツメダニが原因の皮膚炎がイヌツメダニ症です。

イヌツメダニが寄生すると大量のフケがでるのが特徴で大量に発生したフケが重なり、その中にイヌツメダニが見つかります。

寄生虫の予防と治療

ノミによる皮膚炎は駆除薬を用いてノミを退治すればやがて治りますが、かいせんは全身の毛を刈り、殺ダニ剤で薬浴させます。完全に治るまでには多少時間がかかります。

ニキビダニ症とイヌツメダニ症も殺ダニ剤で薬浴させ、さらにニキビダニの場合は抗生物質も内服します。

イヌヒゼンダニとイヌツメダニは人間にもうつることがありますので思い当たるふしがある場合には飼い主も皮膚科で検査を受けてください。

前の記事>>外出時に限って困った行動をする
次の記事>>犬の耳の病気 原因と治療法


関連記事

犬の耳の病気 原因と治療法

犬が外耳炎を発症する原因のほとんどは耳に溜まった耳垢です。耳垢は外耳道にある分泌腺からの分泌物や皮膚の垢、>>続きを読む


犬の目の病気 原因と治療法

黒目を覆う角膜やまぶたの裏側にある結膜は外界と接触しているために異物などが付着しやすいものですが、その異物>>続きを読む


犬の口内の病気 原因と治療法

犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


犬の鼻の病気 原因と治療法

鼻の粘膜に炎症が起こる原因としてまず、細菌やウィルスの感染が挙げられますが、いわゆる鼻かぜが一番わかりやす>>続きを読む


犬の感染症 原因と治療法

犬の感染症として知られているジステンパーウィルスなどは感染している犬が使用した食器を違う犬が共有したり、寝>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ