目やにが多く目を痒がる~犬の健康と病気.com

目やにが多く目を痒がる

犬の健康と病気

目やにが多く目を痒がる

以前に比べて目もとに目ヤニが目立つようになっていたらそれは何かしらの眼の病気のサインかもしれません。目ヤニというと寝起きなどには目もとに必ずついているようなものにも思われがちですが目ヤニが出る仕組みや目ヤニの種類を知っておくことで眼のトラブル対策にもつながるのです。


目やにが多い

目やにが頻繁に出ているのか、どんな時によく出るのか、量はどうか、サラサラか、ドロドロか、黄色や緑色をしていないかなどを確認しておきましょう。

目に異常があると目ヤニや涙の量が多くなる

涙の役目の一つは目についたほこりや汚れを洗い流すことなので一時的に涙がたまるだけなら心配ありません。

しかしいつも涙がたまっているようなら目に何かの異常がありその刺激で涙が分泌され続けている可能性があります。

分泌された涙は涙管を通って鼻に抜けますが目の粘膜に炎症があると炎症によって物質と涙が混じり合って粘り気がでてきます。

その為に涙管を通れずに目の淵に溜まります。これが目ヤニです。

目ヤニは最初は透明ですが炎症が進むにつれて濁ってきます。

目ヤニや涙がでる主な原因は角膜炎や結膜炎、まつげの異常などの目の病気です。

量が多く、頻繁にドロドロの目やにが出る場合は重度の角膜炎や角膜潰瘍(かいよう)などを起こしていて視力障害につながる恐れもあります。

目を気にする

目をかゆがっている場合は何かに目を擦りつけようとしたり、足で目を擦ろうとします。結膜炎やアレルギー疾患の場合が多く、擦って角膜を傷つけるので注意が必要です。

しきりに瞬きをしたり、目を細める場合は痛みを感じていることが多く、角膜潰瘍やブドウ膜炎、緑内障などの可能性があります。

角膜炎とは

目を擦ったり、涙や目やにで炎症を悪化させたりすると角膜が白く濁ったりします。

更に悪化すると角膜表面が盛り上がりその部分に新たに血管が生じたり、角膜潰瘍を起こしたりして失明することもあります。

角膜炎の原因として考えられるものには目の周りの被毛やまつげ、シャンプーなどの物理的、化学的刺激の他に、細菌やウィルスの感染、それにアレルギー反応などもあります。

角膜炎の治し方

角膜炎の治療は原因を取り除き、点眼薬を頻繁に点眼していくことが大切です。重症の場合には内服薬の服用も併用していきます。

エリザベスカラーの装着などで眼球を擦ったり刺激しないように保護していく処置が必要です。

何よりもまずは病気にならないように日頃から目周辺ののびた被毛をトリミングするなどの原因の除去と目の周りを清潔に保つようにしましょう。

角膜潰瘍や結膜炎なども症状の違いにより病名が変わりますが基本的な原因及び治療法は同じですので予防として常日頃から目の周りを衛生的に保つようにしましょう。

またドライアイ傾向にあると角膜に傷がつきやすいので点眼処置などを習慣づけるようにしましょう。


目を清潔に保つこと

目はいつも清潔にすることが肝心です。特に目が大きいシーズーやパグ、などは目の手入れを怠らないように心がけてください。

目ヤニはカット綿で拭き取る

目ヤニが出たらカット綿に少し水を含ませて目がしらから外に向けてそっと力を入れずに拭いてあげます。

一回で目ヤニが取り切れない場合には使ったカット綿は捨てて次の新しいカット綿に水を含ませてもう一度拭き取ります。

眼瞼に付着して乾燥している目ヤニを力任せに拭き取ったりすると眼瞼を刺激するために結膜炎を誘発することがありますので十分注意してください。

早めの手入れが結膜炎を防ぐ

目ヤニが長い期間にわたって眼球や眼結膜についたままになっていると化膿性の結膜炎になることがありますので目の手入れは早めに始めることが大切です。

不幸にして結膜炎が回復せずに角膜炎にまで発展すると眼球が白く濁って見えることや、薄いブルーに変色して見えることがあります。

ここまで症状が悪化すると家庭療法では回復は難しくなります。

何事もそうですが病気の予防は衛生的に保つことですので目のお手入れも定期的に行ってあげましょう。

前の記事>>目が白く濁った感じに見える
次の記事>>犬が嘔吐する症状と原因


関連記事

犬の口が臭いのは病気?

犬は動物ですので人間とは違い犬独特の臭いをもっています。よってスキンシップなどで顔を近づけた際に臭うことは>>続きを読む


おしっこからわかる病気

愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


耳が赤く炎症して痒がる

もし愛犬が耳を痒がったり、痛がったりしていたら、耳の皮膚が赤く炎症を起こしたり、できものができていたり、全>>続きを読む


痒がって頻繁に体をかく

犬がしきりに体をかくようなしぐさをするときに考えられるのは皮膚のトラブルです。皮膚病にかかっていると痒みが>>続きを読む


鼻水が止まらない、よく垂らす

犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水のタイプにはサラサラしている、しょ>>続きを読む


目が白く濁った感じに見える

薄暗い所で大きく瞳孔が開いている時にレンズの部分が白く濁っていると白内障や水晶体内の炎症の可能性があり、視>>続きを読む


犬が嘔吐する症状と原因

犬が何かを吐き出すような行為を見かけるとなにか病気なのか、もしかしたら何かを飲み込んでしまったのだろうかと>>続きを読む


よだれの量が異常に多い原因

犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


歩き方がおかしくないか

散歩に出かけたとき、まっすぐ元気よく歩かず、何となくフラフラ、ヨタヨタ歩くようなら、神経が麻痺している可>>続きを読む


犬が熱っぽく調子が悪そう

犬は熱があって体がだるくても自分から体温計を持ち出して計測したり、言葉で訴えることができません。よって飼い>>続きを読む


外出時に限って困った行動をする

普段、飼い主と一緒にいる時にはそそうなどしないのに留守をしている間に限って決められた場所以外でおしっこやう>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ