鼻水が止まらない、よく垂らす ~犬の健康と病気.com

鼻水が止まらない、よく垂らす

犬の健康と病気

鼻水が止まらない、よく垂らす

犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられているので粘膜に異常があると大量の鼻水がでます。


鼻水のタイプにはサラサラしている、しょう液タイプのものと、黄色くてドロドロと粘度の高い粘液膿性(ねんえきのうせい)タイプのものがあり、さらには出血を伴う出血タイプのものなどが見られます。

サラサラしたしょう液タイプの鼻水は刺激臭や湿度の違いなどに鼻粘膜が反応して引き起こされるもので、このタイプの鼻水では比較的重症のものは少ないです。

一方、粘液膿性タイプや出血タイプの鼻水では感染症や慢性炎症、腫瘍などに由来するものが多く、長引いたり重症のものが少なくありません。

粘液膿性タイプの鼻水が頻繁に出る場合は、重度のアレルギー性鼻炎やウィルスや細菌の感染症、更に慢性の難治性の鼻炎などの可能性があります。

特に膿が混じった鼻水は細菌やウイルスの感染によるものが多く、病原菌の種類によって黄色や白色、緑色など様々な色の濁りが見られます。

鼻水が出るときは鼻や呼吸器の病気を原因とすることが多いので熱の有無や呼吸の状態も確認してみましょう。

犬の鼻づまりチェック方法

犬の鼻の前にティッシュを垂らして鼻づまりなどがないか確認してみましょう。

ちぎったティッシュを犬の鼻の前に垂らし、鼻息に合わせてティッシュが動くかどうかを見ます。ティッシュが動けば鼻は通っていますが動かなければ鼻づまりがあると判断できます。

またティッシュを鼻に当ててみて水のようなタイプなのか、粘りのあるタイプなのか、膿の混じったものなのかなど鼻水の種類も調べておきましょう。

くしゃみを頻繁にする

鼻粘膜が刺激を受けた場合にその刺激の原因を早めに排出しようとする反射的な反応がくしゃみです。一般には室内の空気が乾燥し過ぎていたり、芳香剤や消臭剤などの刺激臭が原因になったり、花粉やカビなどによるアレルギーなどが原因となります。

また、細菌やウィルス感染の初期でそれらの病原菌を侵入口である鼻で防御しようとしている場合も考えられます。くしゃみ自体が、重症の病気ということではありませんが鼻腔内に異物がある場合にもくしゃみは頻繁に起きます。

この場合、腫瘍がある場合もあるので甘く見ていると手遅れになってしまうこともあります。

鼻炎とは

くしゃみや鼻汁が特徴です。水っぽいサラサラの鼻汁の場合はアレルギー性鼻炎や、一過性の軽度な炎症ですが、黄色や緑色の膿状の鼻汁になると慢性化してしまったり、ウィルス疾患など重症で治りにくくなるケースが多いです。

鼻炎の原因

鼻腔の中に細菌やウィルス、異物などが侵入し、鼻腔粘膜に炎症を起こしたり、アレルギーなどの過敏症や、刺激の強い芳香剤や塗料など揮発性のある刺激の強い物質の吸引などが原因で鼻粘膜に炎症が引き起こされて発症します。

鼻炎の治し方

口腔内疾患や異物混入などが原因の場合、その原因を取り除くことが何よりも大切になります。また、アレルギーや刺激臭などが原因の場合には、生活の中からそうした原因を極力排除していくことが大切になります。

根本的な原因除去を行いながら、抗生物質や消炎剤の内服を行います。場合によっては消炎効果のある点鼻薬を垂らすだけで症状が改善することもあります。

副鼻腔炎とは

鼻炎が慢性化して膿が溜まりやすくなった状態が副鼻腔炎です。ウィルス感染や細菌などが引き起こす、難治性の疾患が原因となったり、歯周病や鼻腔内の腫瘍が原因となったりする場合も少なくありません。

副鼻腔炎の症状

くしゃみや膿性鼻汁が特徴でいつも呼吸が粗くなかなか治らないことが多いです。

副鼻腔炎の治し方

口腔内や鼻腔内の構造に問題があったり、腫瘍などがあれば外科的に取り除いたり、改善することが必要になります。

また、アレルギーや刺激臭などが原因の場合には、生活の中からそうした原因物質を極力排除していくことが大切です。

根本的な原因除去を行いながら、抗生物質や消炎剤の内服を行います。

前の記事>>痒がって頻繁に体をかく
次の記事>>目が白く濁った感じに見える


関連記事

犬の口が臭いのは病気?

犬は動物ですので人間とは違い犬独特の臭いをもっています。よってスキンシップなどで顔を近づけた際に臭うことは>>続きを読む


おしっこからわかる病気

愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


耳が赤く炎症して痒がる

もし愛犬が耳を痒がったり、痛がったりしていたら、耳の皮膚が赤く炎症を起こしたり、できものができていたり、全>>続きを読む


痒がって頻繁に体をかく

犬がしきりに体をかくようなしぐさをするときに考えられるのは皮膚のトラブルです。皮膚病にかかっていると痒みが>>続きを読む


目が白く濁った感じに見える

薄暗い所で大きく瞳孔が開いている時にレンズの部分が白く濁っていると白内障や水晶体内の炎症の可能性があり、視>>続きを読む


目ヤニが多く目を痒がる

以前に比べて目もとに目ヤニが目立つようになっていたらそれは何かしらの眼の病気のサインかもしれません。目ヤニ>>続きを読む


犬が嘔吐する症状と原因

犬が何かを吐き出すような行為を見かけるとなにか病気なのか、もしかしたら何かを飲み込んでしまったのだろうかと>>続きを読む


よだれの量が異常に多い原因

犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


歩き方がおかしくないか

散歩に出かけたとき、まっすぐ元気よく歩かず、何となくフラフラ、ヨタヨタ歩くようなら、神経が麻痺している可>>続きを読む


犬が熱っぽく調子が悪そう

犬は熱があって体がだるくても自分から体温計を持ち出して計測したり、言葉で訴えることができません。よって飼い>>続きを読む


外出時に限って困った行動をする

普段、飼い主と一緒にいる時にはそそうなどしないのに留守をしている間に限って決められた場所以外でおしっこやう>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ