痒がって頻繁に体をかく~犬の健康と病気.com

痒がって頻繁に体をかく

犬の健康と病気

痒がって頻繁に体をかく

犬がしきりに体をかくようなしぐさをするときに考えられるのは皮膚のトラブルです。皮膚病にかかっていると痒みが伴うことが多いために頻繁に体をひっかくような行動をしたり、痒い部分をなめたり、噛んだりします。


上記のような行動が頻繁にみられるようなら犬が気にしている部分の被毛をかき分けて皮膚の状態を観察してみましょう。赤くなっていたり、腫れていたり、毛が抜けるなどの異常が確認できるときは皮膚病の可能性が高くなります。

ただ皮膚病と一言でいっても症状や原因も様々でいろいろな病気があります。異常が起きている箇所によってある程度の病名判断はできますが、ときには内臓の病気が原因で体をかくようなこともありますので注意が必要です。

心臓疾患などで血液循環が悪くなると体の表面がしびれるため、その不快感でしきりにかいたり、なめたりすることもあります。

実際に皮膚病にかかっているときに背中にその症状が現れるようなときはニキビダニ症や膿皮症のほか、フィラリア症でも背中の皮膚に異常が見られます。またノミアレルギーでは尾の付け根から背中にかけて脱毛することが多くなっています。

お腹にのみ痒みが生じるようなときには副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されるクッシング症候群の可能性が高く、腹部に痒みが生じ、左右対称に皮膚の異常が現れるのが特徴です。

耳の中を痒がり、耳の後ろをしきりにかいたり、脱毛や皮膚の異常がみられるときには耳の中に寄生しやすいミミヒゼンダニが寄生していることが多くあります。

常に地面に接している足は細菌などに感染しやすく、膿皮症などの感染症を起こすことがよくあります。また犬の場合、足だけではなく地面などを鼻先でクンクンンとかぐことが多いために鼻先も細菌やカビなどに感染しやすい傾向にあります。


フケが多く見られる

フケは剥がれ落ちた皮膚細胞が無数に固まったものでフケ自体は異常なものではありませんが被毛をまめに手入れしているのにフケが目立つようなら皮膚病の可能性もあります。

皮膚に炎症があると皮膚細胞の代謝が異常に速くなり、古くなった皮膚細胞が固まってフケができやすくなります。フケがでるようなら被毛をかきわけて皮膚を観察し、脱毛やかゆみの有無なども調べてみましょう。

毛が抜ける

春や秋の換毛期でもないのに大量の毛が抜けるときは要注意で、そのような時に考えられるのが皮膚病なのです。

皮膚病には細菌感染、アレルギー、寄生虫など非常に多くの原因要素がありますがあらゆるタイプの皮膚病で毛が抜けることがあります。

どのような皮膚病でも進行すると毛が抜ける箇所は全身に広がっていきます。

アレルギー性の皮膚炎では顔や足から全身に広がり、皮膚真菌症では鼻や足の先から全身に毛が抜け始めることが多く、皮膚真菌症では円形に毛が抜けるのが特徴です。

副腎皮質や甲状腺の異常でホルモンバランスが崩れることで毛が抜けることもありますがこの場合には脱毛が左右対称に起き、痒みを伴わないのが特徴です。

頭をふるのも痒がるしぐさ

犬がしきりに頭をふるのは耳の中になにかしらの不快感があるからです。例えばごみや虫などの異物が耳の入ると犬は頭をふってそれらの異物を出そうとします。

外耳炎や中耳炎があるとかゆみのために犬はしきりに頭をふります。耳をふるほか、耳を傾けたり、耳の後ろをしきりにかいたり、耳を何かに擦りつけたりします。

ダニの一種であるミミヒゼンダニが寄生すると犬は非常に痒がります。

前の記事>>耳が赤く炎症して痒がる
次の記事>>鼻水が止まらない、よく垂らす


関連記事

犬の口が臭いのは病気?

犬は動物ですので人間とは違い犬独特の臭いをもっています。よってスキンシップなどで顔を近づけた際に臭うことは>>続きを読む


おしっこからわかる病気

愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


耳が赤く炎症して痒がる

もし愛犬が耳を痒がったり、痛がったりしていたら、耳の皮膚が赤く炎症を起こしたり、できものができていたり、全>>続きを読む


鼻水が止まらない、よく垂らす

犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水のタイプにはサラサラしている、しょ>>続きを読む


目が白く濁った感じに見える

薄暗い所で大きく瞳孔が開いている時にレンズの部分が白く濁っていると白内障や水晶体内の炎症の可能性があり、視>>続きを読む


目ヤニが多く目を痒がる

以前に比べて目もとに目ヤニが目立つようになっていたらそれは何かしらの眼の病気のサインかもしれません。目ヤニ>>続きを読む


犬が嘔吐する症状と原因

犬が何かを吐き出すような行為を見かけるとなにか病気なのか、もしかしたら何かを飲み込んでしまったのだろうかと>>続きを読む


よだれの量が異常に多い原因

犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


歩き方がおかしくないか

散歩に出かけたとき、まっすぐ元気よく歩かず、何となくフラフラ、ヨタヨタ歩くようなら、神経が麻痺している可>>続きを読む


犬が熱っぽく調子が悪そう

犬は熱があって体がだるくても自分から体温計を持ち出して計測したり、言葉で訴えることができません。よって飼い>>続きを読む


外出時に限って困った行動をする

普段、飼い主と一緒にいる時にはそそうなどしないのに留守をしている間に限って決められた場所以外でおしっこやう>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ