おしっこからわかる病気~犬の健康と病気.com

おしっこからわかる病気

犬の健康と病気

おしっこからわかる病気

愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。

この排泄という行為にも多くの病気を発見するためのシグナルが隠れていることがありますのでそのようなシグナルが出ているときには見逃さずにしっかり見つけてあげてください。


泌尿器病とは尿道、膀胱、尿管肝臓の病気の総称で、犬は泌尿器病の発生頻度が非常に高いので愛犬と共同生活をしていくうえで無関心に見過ごすことが出来ない病気の一つなのです。

愛犬が頻繁に排尿姿勢をしたり、トイレに入って長い時間息張っている姿勢を見かけたら、尿が出ているかどうかを確認してください。

尿が出ていなければ尿閉症状の可能性があり、尿道に狭くなったところがあるか尿道に結石があって尿の通過を障害しているときの症状なのです。

尿は出ているけれど一回に出る尿の量が少ない時には小さな結石が尿道に引っかかっていて排尿したいけれど排尿に伴う痛みで排尿を続けられないで苦しんでいる可能性があります。

このような時には飲み水の量を増やしてどんどん尿を出すようにすることが家庭でできる治療法です。

うまくいけば尿道内にあった結石が排尿のための圧力で押し出されて回復することがあります。

尿に血の塊が混じっている場合は膀胱炎や尿道炎の疑いがあります。尿道を損傷して出血する原因には交通事故などによる尿道の外傷や犬同士のケンカなどによる尿道の怪我が考えられます。

膀胱炎は感染によるものが多く、抗生物質による治療が効果を発揮してくれます。交通事故による膀胱炎の場合にはエコースキャンやX線診断が有効です。

尿血を発見したらすぐ病院へ

尿血を排出しているときは肝臓炎の疑いがあります。血液検査やエコースキャン、X線診断で病状の診断をすることが大切です。

犬の肝臓の病気は慢性の経過をとるものが多く、家庭で発見して家庭治療で回復させるにはとても難しい症例ばかりですので血尿を発見したら、早期に獣医の診断を受けることをお勧めします。

おしっこが赤い

健康な時のおしっこは薄い黄色をしていますが、おしっこが赤みや褐色を帯びている場合は尿に血液が混じっていることが考えられます。

混入した血液が少量ならいつもより濃く見える程度ですが血液量が多くなると褐色になり、さらに多くなるとワイン色になります。

血尿が現れる場合、膀胱炎などの細菌性の炎症が起きていることが考えられます。

腎臓、尿管、膀胱尿道に結石があるときも結石がこれら臓器の組織を傷つけて血尿がでます。

そのほか、フィラリア症やたまねぎ中毒でも血尿になることがあります。

おしっこが濃い、薄い

朝一番や運動後、あるいは水分不足のときには、尿は濃縮されて濃い黄色になり、反対に水分を取りすぎると色は薄くなります。

しかし常に色が濃かったり、薄かったりするようだと要注意です。

下痢や嘔吐を伴う病気では水分不足で色が濃くなり、糖尿病や尿崩症などでは大量の水を飲むために尿が薄くなります。

おしっこがでない

排尿の姿勢をしているのにほんの少量しか出ない、ポタポタ垂れるように出るなど尿の量が極端に少ないときは注意が必要です。

膀胱炎で残尿感があるため何回もおしっこをしたり、前立腺の病気で尿道がふさがっている可能性があります。

尿路結石の場合も強い痛みのためにスムーズに排尿ができません。

尿が全く出ないときは腎不全の可能性があるので早急に受診する必要があります。


おしっこが濁っている

犬のおしっこが濁る場合、まず考えられるのは腎臓から尿道までの尿路のどこかで炎症が起きていることです。炎症による膿がおしっこに混じって濁るのですがもっとも多いのは膀胱炎です。

一般に細菌は尿道から感染して尿路をさかのぼっていきますが尿がたまる膀胱は細菌が繁殖しやすい場所なのです。

生殖器の異常でも尿が濁ります。膀胱の出口付近にある前立腺が肥大していると感染症にかかりやすくなります。

子宮などに炎症があるときはクリーム色やコーヒー色など多様な色に濁ります。

おしっこがきらきら光る

排尿後しばらく経ってから尿がしみ込んだ土や犬用トイレにキラキラとしたものが見えることがあります。

特に尿が乾いているとよく見えますが、このような場合、膀胱炎にかかっている可能性があります。

膀胱炎があると尿中のリン酸塩が膀胱の中で結晶化しやすくなり、この結晶が尿と一緒に排出されてキラキラと光って見えます。

放置しておくと結晶が大きくなって尿路結石になる可能性がありますので早めに治療しておく必要があります。

このように普段あまり気にしていないおしっこでも様々な症状が現れますので今度のお散歩の時から愛犬のおしっこも確認する習慣をつけましょう。

そのような習慣をつけることで病気の早期発見に繋がることになります。

前の記事>>犬の口が臭いのは病気?
次の記事>>耳が赤く炎症して痒がる


関連記事

犬の口が臭いのは病気?

犬は動物ですので人間とは違い犬独特の臭いをもっています。よってスキンシップなどで顔を近づけた際に臭うことは>>続きを読む


耳が赤く炎症して痒がる

もし愛犬が耳を痒がったり、痛がったりしていたら、耳の皮膚が赤く炎症を起こしたり、できものができていたり、全>>続きを読む


痒がって頻繁に体をかく

犬がしきりに体をかくようなしぐさをするときに考えられるのは皮膚のトラブルです。皮膚病にかかっていると痒みが>>続きを読む


鼻水が止まらない、よく垂らす

犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水のタイプにはサラサラしている、しょ>>続きを読む


目が白く濁った感じに見える

薄暗い所で大きく瞳孔が開いている時にレンズの部分が白く濁っていると白内障や水晶体内の炎症の可能性があり、視>>続きを読む


目ヤニが多く目を痒がる

以前に比べて目もとに目ヤニが目立つようになっていたらそれは何かしらの眼の病気のサインかもしれません。目ヤニ>>続きを読む


犬が嘔吐する症状と原因

犬が何かを吐き出すような行為を見かけるとなにか病気なのか、もしかしたら何かを飲み込んでしまったのだろうかと>>続きを読む


よだれの量が異常に多い原因

犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


歩き方がおかしくないか

散歩に出かけたとき、まっすぐ元気よく歩かず、何となくフラフラ、ヨタヨタ歩くようなら、神経が麻痺している可>>続きを読む


犬が熱っぽく調子が悪そう

犬は熱があって体がだるくても自分から体温計を持ち出して計測したり、言葉で訴えることができません。よって飼い>>続きを読む


外出時に限って困った行動をする

普段、飼い主と一緒にいる時にはそそうなどしないのに留守をしている間に限って決められた場所以外でおしっこやう>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ