日頃からやっておきたい健康チェック~犬の健康と病気.com

日頃からやっておきたい健康チェック

犬の健康と病気

日頃からやっておきたい健康チェック

愛犬からの病気のサインに気がつくためには、愛犬の健康な状態を常に把握しておく必要があります。普段の平熱、脈拍、呼吸数、体重を知っていれば熱がある、脈拍が乱れている、体重が増加しているといった健康状態の変化に気がつくことができるでしょう。


愛犬は生きているという生活のサインをいつも発信しています。愛犬が出している体温、心拍数というバイタルサインを飼い主が確認できれば愛犬の健康状態は一応心配ないと判断できるでしょう。

しかし体温が変動して40℃を超えたり、35.5℃以下に下がったりするとこれを病気のサインと判断して原因の追及をはじめて治療に専念しなければならなくなります。

このような愛犬が出す病気のサインにはどのようなサインがあるのかを考えてみましょう。そしてこの病気のサインを早く発見することが病気の早期発見につながることを認識してください。

愛犬が発信する病気のサインには以下のようなサインがあります。普通一般に飼い主が遭遇する愛犬の病気のサインです。それらのサインは愛犬が必死になってあなたに伝えようとする救難信号ですのでしっかりと受け止めてあげてください。

このほかにも特殊なサインがありますが一応これくらいのサインを認識していいれば病気を早期発見することが可能です。

呼吸音が異常、耳が臭い、四肢が膨らんでいる、尿に血が混じる、急に痩せた、耳を振る、肥満気味、脱毛が多い、結膜が赤い、皮膚に異臭がある、尿の出が悪い、散歩を嫌いになった、眼が白く濁ってきた、鼻汁がでる、飲む水の量が増えた、足をひきずるなど病気によって症状は様々ですが普段となにか変わったことはないかを常に意識していれば異常に気がつくはずです。

犬は人と違い不調を声に出して表現することができませんので飼い主であるあなたが気が付いてあげなければならないのです。自分の健康管理同様に常日頃から愛犬の健康管理にも気を配りましょう。

元気な時に平熱をチェックしておきましょう

犬の体温は常に一定とは限りません。午前中は低めで午後は高め。さらに運動の後は体温が上がります。愛犬の状態が同じとき、同じ時間に体温をはかり平熱を調べておきます。

平熱よりもプラスマイナス1℃であれば何らかの異常が考えられます。

大型犬の標準的な体温は37.5℃~38.6℃で、小型犬の標準的な体温は38.6℃~39.2℃です。


脈のはかり方

熱があるときや心臓や呼吸器の病気でも脈拍数は増えます。愛犬の脈拍数の標準値をはかっておきましょう。

後ろ足の付け根のところに動脈がありますのでそこに手をあててはかります。犬を横にして後ろ足を持ち上げます。付け根あたりを手でさぐると脈がわかる場所があります。

そこで15秒間、脈拍数を数えます。その数字を4倍すれば1分間の脈拍数はわかります。

呼吸数のはかり方

熱があるときは呼吸が荒くなります。運動のあとでもないのにハアハアとあらい息をするときは呼吸数をはかり、平常の時より呼吸がはやくないか確認しましょう。

犬と向かい合い15秒間の呼吸数を数えます。鼻先の呼気や胸の動きでもはかれます。吸って吐くの動作で呼吸1回と数えます。

前の記事>>犬の予防接種とワクチン
次の記事>>犬の肥満と健康管理


関連記事

犬の肥満と健康管理

現代社会において家庭で飼われている犬の28%~44%が肥満といわれています。おいしそうに食べる姿が見たくてついつ>>続きを読む


犬種ごとの正しい食事の量

食事の与え過ぎは肥満の原因であることは間違いありません。しかし足りないのもまた良いことではないものです。人>>続きを読む


食欲は健康のバロメーター

愛犬が健康であるということは外観がとても美しくて、愛らしく見え、毛が艶やかに密生していて、しかもしなやかに>>続きを読む


耳の病気予防は清潔に保つこと

日頃の健康管理でおろそかになりがちなのが耳の衛生管理です。目や歯、口元などは常日頃から目にする部位であるた>>続きを読む


皮膚病の予防は正しい手入れから

人の皮膚病は体質的なものであるイメージが強く、さらに親からの遺伝や生活環境が影響しているものですが犬の皮膚>>続きを読む


排便、うんちで解る犬の健康状態

ご飯を食べれば排泄物が出ることは人間も犬も同じです。この排泄物は犬の健康状態をチェックするうえで欠かせない>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ