犬の予防接種とワクチン~犬の健康と病気.com

犬の予防接種とワクチン

犬の健康と病気

今やワクチンを選ぶのは飼い主

現在では予防できる感染症は法律によって定められた狂犬病と飼い主の自由意思によって選ぶことができる感染症予防があり、狂犬病予防ワクチンは生後3か月を過ぎると法律によって接種が義務付けられています。


その他の犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス、犬パラインフルエンザ、犬パルボウイルス、レプトスピラ・カニコーラ、レプトスピラ・ヘモラギー、レプトスピラ・ヘプトマディス、犬コロナウイルス感染症の9種の感染症ワクチンは飼い主の自由意思で選択して愛犬に接種することができます。

メーカーで違うワクチンの組み合わせ

ワクチンの製造メーカーによってこれらの感染症ワクチンの組み合わせは多種多様ですのでワクチンに混合されている感染症の種類と地域差を考慮にいれてどのワクチンを接種するかを決めるといいでしょう。

現在、接種されている常識的な範囲での混合ワクチンの例を参考までに記述しておきます。

5種混合ワクチン

犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス、犬パラインフルエンザ、犬パルボウイルスの5種類の感染症が1本の予防注射で予防できます。

7種混合ワクチン

上記5種に加えてレプトスピラ・カニコーラとレプトスピラ・ヘモラギーの感染症が1本の予防注射でできます。

8種混合ワクチン

5種混合ワクチンに加えてレプトスピラ・カニコーラとレプトスピラ・コペンハーゲニー、レプトスピラ・ヘプトマディスの予防ができます。

9種混合ワクチン

上記感染症をすべて網羅したワクチンが9種混合ワクチンとなります。

以上に記述した以外にも各種のワクチンがあります。

どのワクチンを選んで愛犬に接種するかはまったく飼い主の自由なのですが、それだけにより慎重によく検討をして選ぶ必要があります。

接種する時期にはルールがある

接種時期に関しては一定のルールが定められていますのでルールを遵守することが大切です。

生後6~9週間に最初の予防接種ができ、2回目は生後9~10週目に、3回目は生後3か月目に接種するのが通例のようです。

この接種についてもホームドクターに選んだ獣医師の指示に従うことが正しい接種を行うことになり、事故につながらないでしょう。

どのワクチンを接種したらよいかは獣医師とよく相談して決めたほうがいいでしょう。

というのも、飼育者が居住している地域によって発生する感染症に多少の違いがあるかもしれないからです。

前の記事>>賢く使おう犬の健康保険
次の記事>>日頃からやっておきたい健康チェック


関連記事

犬の寿命は飼い主次第

人はより長生きしようと思えば自ら進んで健康に気をつけるでしょう。適度な運動をしたり、体に良さそうな食事を考>>続きを読む


知っていますか?正しい犬の年齢計算

犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


人の食事とドックフードの違い

私が子供の頃はドックフードというとなんだか栄養価の低い犬の餌と言ったイメージが強く、もっぱら犬の食事と言え>>続きを読む


犬はどのくらいの水を飲むのか

人が生きていく上で水は欠かせない存在ですが犬においても人と同じように生命を維持する為に水は欠かせない存在で>>続きを読む


よい動物病院の選び方

現代社会において犬を飼う以上、動物病院には必ずお世話になるはずです。予防接種や健康診断、そして愛犬が体調を>>続きを読む


賢く使おう犬の健康保険

人の場合、健康保険は強制加入ですので私たちが病院の窓口で支払う費用は診療代金の一部に過ぎません。そしてその>>続きを読む


PR


知っておきたい犬の雑学

  • 犬の寿命は飼い主次第
  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 人の食事とドックフードの違い
  • 犬はどのくらいの水を飲むのか
  • よい動物病院の選び方
  • 賢く使おう犬の健康保険
  • 犬の予防接種とワクチン
  • 家でできる愛犬の健康管理

  • 日頃からやっておきたい健康チェック
  • 犬の肥満と健康管理
  • 犬種ごとの正しい食事の量
  • 食欲は健康のバロメーター
  • 耳の病気予防は清潔に保つこと
  • 皮膚病の予防は正しい手入れから
  • 排便、うんちで解る犬の健康状態
  • 症状から見つける犬の病気

  • 犬の口が臭いのは病気?
  • おしっこからわかる病気
  • 耳が赤く炎症して痒がる
  • 痒がって頻繁に体をかく
  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 目が白く濁った感じに見える
  • 目ヤニが多く目を痒がる
  • 犬が嘔吐する症状と原因
  • よだれの量が異常に多い原因
  • 歩き方がおかしくないか
  • 犬が熱っぽく調子が悪そう
  • 外出時に限って困った行動をする
  • 犬の病気 原因と治療法

  • 犬の皮膚病 原因と治療法
  • 犬の耳の病気 原因と治療法
  • 犬の目の病気 原因と治療法
  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の鼻の病気 原因と治療法
  • 犬の感染症 原因と治療法
  • よく読まれている記事

  • よだれの量が異常に多い原因
  • 犬はよくよだれをながしますが普段よりも明らかに量が多いようなら要注意です。量が異常かどうかの判断は口の端に>>続きを読む


  • 知っていますか?正しい犬の年齢計算
  • 犬は人間よりも寿命が短く、歳を取るスピードも人より速いことは結構知られていることですが実際にあなたの愛犬は>>続きを読む


  • 鼻水が止まらない、よく垂らす
  • 犬も人間同様に鼻の病気にもかかりますし、鼻水を垂らすこともあります。鼻水は鼻の内部を覆う粘膜でつくられてい>>続きを読む


  • 犬の口内の病気 原因と治療法
  • 犬の歯と人間の歯とでは構造も違い、さらには物を食べるときの機能にも大きな違いがあります。犬の歯は食べ物を引>>続きを読む


  • おしっこからわかる病気
  • 愛犬とともに散歩にいくと必ずと言っていいほどおしっこをするものです。この排泄という行為にも多くの病気を発見>>続きを読む


    犬の健康と病気.comページTOPへ